妊娠中は注意する

子どもと歯科医

これから記述するのは、妊娠中に歯医者さんに通う場合の注意点についてです。まず、歯医者さんに通うタイミングですが、原則的に一般的な歯科治療であれば時期に関わらず治療を受けることが出来ます。ただし、妊娠初期は非常に流産しやすいとも言え、過度の緊張や長期時間の治療を行う歯医者さんの治療は避けるべきであるとも言えます。歯医者さんでの治療を希望するのであれば、安定期に入ってから治療を受けることをオススメします。また、出産後は育児に時間が割かれますので、治療を受けることが出来ない可能性がありますので、分娩前に治療を終えておくと良いでしょう。 妊娠中に歯の治療を受ける際には、必ず母子健康手帳を持参するようにしましょう。

妊娠中に歯科治療を受ける場合、お腹の張り具合に個人差があります。治療の際に体位が苦しいという場合には、その旨を伝えることにより楽な体位にしてもらうことが出来ます。ただし、急に体位を変えると立ちくらみや吐き気が強くなる場合があります。また、トイレが近くなる場合がありますので、トイレに行きたくなったら治療中であっても無理に我慢しないようにしましょう。 歯科治療に使用される麻酔は、通常の量であれば母子ともに影響はありませんので、リラックスした状態で治療を受けるようにしましょう。 妊娠をすると、ホルモンバランスの乱れや口腔内の酸性度が高まることから、歯の負担が大きくなります。妊娠中は口の中を衛生的に保つことを心掛けるようにしましょう。